ご注文はこちらまで

逆流性食道炎 自力でよくなる!消化器病の名医陣が教える 最新1分体操大全

三輪洋人ほか6名

定価

1,518円
(本体1,380円+税10%)

ページ数

128

判型

A5

発売日

2021-10-07

ISBN

9784866514253

内容紹介

「胸やけ」「のどや口の中がすっぱい(呑酸)」「吐きけ」「ゲップ」といった症状で悩んでいる人は、逆流性食道炎かもしれません。
逆流性食道炎は、胃酸が逆流して食道に炎症を起こす病気で、改善のためには病院にかかり薬物療法などの適切な治療を受けることが必要ですが、それに加えて大切なのが患者さん自身で行うセルフケアです。本書では対策に必要なセルフケアについて、特に簡単にできる運動法を中心に解説しています。

著者について

・三輪洋人(兵庫医科大学消化器内科学主任教授) 
専門は消化器内科、上部消化管疾患。特に逆流性食道炎(胃食道逆流症)や機能性胃腸疾患の診療ならびに研究のトップランナーとして知られる。日本消化器病学会副理事長(専門医・指導医)、日本神経消化器病学会理事長も務めており、所属学会も多数。

〈以下6名 掲載順〉
・伊賀瀬道也(愛媛大学大学院抗加齢医学講座教授)
・清水公一(新板橋クリニック院長)
・島田英昭(東邦大学医学部外科学講座一般・消化器外科教授)
・石原新菜(イシハラクリニック副院長)
・二神生爾(日本医科大学消化器内科学教授)
・井上晴洋(昭和大学江東豊洲病院消化器センター長・教授)