【2019年3月22日発売予定】うんこちえドリル

文響社(編集)

定価

980+税

ページ数

76

判型

A4

発売日

2019-03-22

ISBN

9784866511153

内容紹介

大人気、幼児用うんこドリルシリーズ『うんこひらがなドリル』『うんこカタカナドリル』に続く第3弾!今度はうんこで「考える力」を育てます!
うんこで楽しみながら、遊び感覚で自然と「考える力」を身につけることができるドリルです。問題の配列や内容、飽きない仕掛けで、主体的に粘り強く考え続ける力がつきます。モニター調査でも大好評!
お子さまの得意分野や苦手分野を知るきっかけにもなる1冊です。
監修:青山由紀(筑波大学附属小学校教諭)

☆全ぺージの問題にうんこを使用!主体性のある学習が期待できる!
☆「推理・思考」「観察・思考」「知識・常識」の3つの分野に分けられた問題の積み重ねで、自然と「考える力」がつく!
☆レベルごとに段階を追った構成で、無理なく学習が進められる!
☆ページごとに作業内容やイラストが異なるので、最後のページまで飽きない!
☆シール問題や付録のパズルなど、お楽しみ要素が満載!

◇ドリルにかける想い◇
学習指導要領で「生きる力」が謳われて久しいですが、人工知能(AI)が飛躍的に進化し、さらなる情報化やグローバル化が進むであろうこれからの未来を担う子どもたちが力強く生きていくには、主体的に「考える力」が必要不可欠と言えます。
 本書は、そんな「考える力」を、うんこの力で楽しみながら遊び感覚で自然と身につけることができるドリルです。主体的に粘り強く考え、答えを見つけることができるよう、問題の配列や内容、飽きない仕掛けなどを工夫し、こだわり抜いて作りました。
 スポンジのように吸収しやすい幼児期にこそ、うんこをきっかけとしたさまざまな体験を通して、生きるために必要な「考える力」やものの味方を広げる知識を身につけてほしい、私たちはそう願っています。