サバイバル・ウェディングあらすじ・みどころ

サバイバル・ウェディング あらすじ

――え、半年以内に結婚しないとクビ! ?
出版社勤務の黒木さやか(29)は、4年交際した和也と結婚するために会社を辞めた。
だが退職した日の夜、和也の部屋で他の女のパンツを発見し、しかも婚約破棄までされてしまう。
結婚と仕事を同時に失ったさやかは、ファッション誌の編集部に復職するが、新しい編集長はドSのブランド大好き男、宇佐美 (41)。
しかも雑誌の企画として 「半年以内に結婚しろ。できなければクビ」と命令される。
さやかが渋ると、宇佐美は「俺の戦略を使えば結婚なんて余裕だ」と豪語し、本当の婚活を教えると言う。
さやかに宇佐美が授ける戦略とは……

  • 「もうすぐ30だし、今から相手を見つけて結婚なんて無理です」

  • 「結婚なんて余裕だ。原価数万円のバーキンが100万で売れる理由を考えろ」

  • 「元カレからのメール、返信していいですか」

  • 「ダメだ。タオルやスリッパにブランドのロゴを入れたイヴ・サンローランと同じ過ちをすることになるぞ」

  • 「そもそも出会いがないんです」

  • 「コーチのように男のホワイトスペースを探せ。お前はヴィトンやエルメスにはなれないが、コーチならなれる! 」

インスタグラムみんなの投稿#サバイバルウェディング

サバイバル・ウェディング 制作秘話「夢をかなえるゾウ」著者・水野敬也 公式ブログへ

サバイバル・ウェディング2あらすじ・みどころ

サバイバル・ウェディング2 あらすじ

『サバイバル・ウェディング2 』の主人公は、男より稼ぎ、男より酒を飲み、ファッションも旅行も大好き、仕事もプライベートも充実している広瀬麻衣子35歳。
「結婚はいつかしたいけど、別にいますぐ。っていうわけじゃない」という典型的な現代女性。
そんな結婚しなくても生きていける女、広瀬麻衣子が務めるIT起業に上司として着任したのは、前作でも登場した、ブランド大好き元rizドS編集長宇佐美博人。
麻衣子は夢だったニューヨークへの転勤させてもらうことと引き換えに半年以内に結婚することを宇佐美に命じられます。
麻衣子は期限6か月の婚活を通じて、
彼氏を若い女に持っていかれる問題
婚活パーティーに行っても出会えない問題
ファッションが完璧すぎて男性に避けられる問題
誘ってくる男は既婚者問題
とにかく結婚してほしいと願う母親問題
日本企業の女性の雇用問題
超年下との格差恋愛問題
など、現代女性が抱える様々な問題に直面します。

ドS上司の毒舌、でも愛にあふれたアドバイスは今作も健在!

前作に引き続き、シャネル、クリスチャンディオール 、ジミーチュウ、マークジェイコブス…、

高級ブランドのマーケティングやデザイナーの生き様に基づいた、
毒舌ながらも愛に溢れた宇佐美のアドバイスは元気を与えてくれます。

  • 「いまの生活が充実しているし、別に無理して結婚したいと思いません」

  • 「ディオールはな、田舎でグリーンピース育てて、それにはまってな、パリからデザイナーとして誘われたのに、グリーンピースが気がかりでそれを断って、スタートが遅れた。現状に満足してるからといって、本当に大切なものを見失うとあとで後悔するぞ」

  • 「出会いなんてありません」

  • 「プラダの三代目ミウッチャ・プラダだってな、プラダの偽者を売ってる業者に、やめるようクレームを入れに行ったら、そこの社長と恋に落ちて結婚した。どこに出会いなんてあるかわからないんだよ」

  • 「別に男に頼らなくても生きていけます」

  • 「ココ・シャネルはな、戦争でフランスが占領されたとき、敵国のドイツの将校にかくまってもらったし、それが原因で戦後に罪に問われたときは、イギリス首相のチャーチルが口をきいてくれて罪を免れたんだ。本当にすごい女っていうのはな、男から力をうまく引き出せる女なんだよ」

著者紹介

大橋弘祐twitter

立教大学理学部卒。
大手通信会社の広報、マーケティング職を経て、作家、編集者として活躍中。
著書に『SURVIVAL WEDDING(サバイバル・ウェディング)』『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(共に文響社)など 
https://goo.gl/2XGfwd